「誠意を持ってステークホルダーと向き合い、誠実に業務を遂行すると共に、真剣に技術の向上に挑戦し、新しく得た技術を用いて社会に貢献する。」を経営理念に揚げ、以下に記す企業行動憲章に基づいて事業を展開しています。また、企業行動基準は、企業行動憲章に基づき、役員・従業員が業務活動を行うにあたり、具体的な基準を定めたものです。この行動基準は、ジョインフォースの全従業員に適用します。


私たちジョインフォースの全従業員一同は、高らかに掲げたの経営理念の下、
株式会社ジョインフォースと地域・社会の健全かつ持続的な発展を目指して、
以下の原則に基づき行動します。

 
「私達と共に歩み支えてくださる地域・社会に対して」


1) 社会規範の尊重と法令遵守
地域・社会の構成員として、常に地域の社会規範を尊重し、各種法令を遵守します。

2) 公正な事業活動の推進
政治や行政、取引先等と正常な関係を維持し、開かれた透明性の高い事業活動を推進します。

3) 地域・社会への貢献活動
平和で豊かな地域・社会が実現出来るよう、持てる技術やサービスを提供し、積極的に地域・社会への貢献活動を行います。

4) 環境保全と資源の有効活用
豊かな自然環境と快適な生活環境の調和をめざし、持てる技術やサービスを提供し、環境保全と資源の有効活用に努めます。

5) 知的財産の尊重
ソフトウェア開発業者として、自他に関わらず全ての知的所有権と知的財産を尊重し、積極的に保護・管理します。

6) 情報管理の徹底
職務上知りえた全ての情報の保護と管理を徹底し、お客様の情報や個人情報を含む全ての情報の漏洩や不正利用を未然に防ぎます。

 
「私達と共に歩み支えてくださる顧客の皆様に対して」


1) 信頼の獲得
常に誠意をもって仕事を行い、顧客の皆様から高い信頼と評価を頂けるよう、優れた技術とサービスを適正な価格により提供します。

2) 技術やサービス品質の研鑽
常に技術者集団であることの誇りを胸に、時代の先端を目指して技術やサービス品質の研鑽に取り組み、技術と知識の蓄積・共有に努めます。

3) 品質管理の徹底
常に技術やサービスの品質に心を傾け、最高品質のサービスや製品をお届けできるよう、万全の品質管理を行います。

4) 公正な事業活動の推進
常に法令の順守や環境の保全を心がけ、不正な手段による利益の追求を排し、公正な事業活動を推進します。

5) 企業情報の公正な開示
企業情報を公正かつ適時に開示し、企業運営の透明性を高め、企業活動への理解を深めていただけるよう努めます。

 
「私達と共に歩み支えてくださる従業員に対して」


1) 自由闊達な企業風土の醸成
失敗を恐れずに新しい分野での活躍を目指せる、ゆとりある自由闊達な企業風土の醸成に努めます。

2) 社会の一員としての人材の育成
常に社会規範と各種法令を遵守し、高い倫理観を持つ社会の一員としての人材の育成に努めます。

3) 技術者としての人材の育成
常に大きな夢を持ち、技術の研鑽と新しい技術の習得を目指す、優れた創造性と専門性を有する人材の育成に努めます。

4)情報管理と知的所有件の尊重
お客様の大事な情報の管理を常に意識すると共に、あらゆる知的所有権を尊重する人材の育成に努めます。

5) 公正でクリーンな評価環境
仕事の成果と能力が透明な基準の元に公正に評価される、公正でクリーンな安心して働ける労働環境を作ります。